azuki nikki

アクセスカウンタ

zoom RSS 研修

<<   作成日時 : 2011/03/27 14:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先週の金曜日に首都であった研修に参加してきました。

場所はcasa de alianza」
(路上生活の子どもや問題を抱えた子どもたちを保護し教育/支援活動を行っている施設)で。

まずはしばらく人数がそろうまで待ちます。
ここはニカラグア流。

ようやく始まったのは予定を1時間近く過ぎたころ?

本日のテーマは遊び。
まずはバレーボールを投げ合って、リーダーの合図で、
そのときにボールを持っている人が自己紹介。

グループが決まったところでグループの名前決め。
どんな名前にするかはグループごとに話し合い。
名前は鷹。スペイン語ではアギラ。

ちょっと仲間集めゲーム。
これは日本のとほぼ同じ。
出だしは
みんなは今危機!の真っ只中。
救われるだだ1つの道はこれからいう数の分だけ仲間を作って船に乗り込むこと、
みたいな内容でした。

そして2つのグループでリレーで競争。
ふつうにリレー。
次は2往復のリレー。

意外とこれは疲れました。
その後、ちょっとおやつ休憩。
久しぶりのサブウェイのサンドイッチはおいしかったです☆
かにサンド。

腹ごなしに、グループの旗作り。
「全員が参加するように」という条件つきで。

テーマ決めにちょっと苦労しましたが
結局サッカーをやっている少年たちを
大自然が見守っている、という感じの絵に。

そして再びリレー。
今度は障害物競走的な要素を取り入れて、
1人はふつうに走って、1人は袋に入ってという感じ。

次はテーブルの上に細々としたものが載せてあり、
制限時間内にどれだけの物を覚えていられるか、というゲーム。
体力勝負では負け続けていたわがチーム、
頭脳プレイでようやく一矢報いることができました。

その後、暗号解読、という遊び。
難しい遊びはこなれてから、ということでした。
もう1つのグループに対して、メッセージを送る、というもの。

本当はもう1つゲームをしたかったんだけど、時間切れ、ということで
最後に感想を聞いて本日のまとめ。
何をしゃべるのかを聞いていたら
「水がなかった」
「コーヒーがあるといいなぁ!」
・・・と。

これでまとめを終えるのはどうかな、と思ったところで、
「時間内に始まらなかったのがちょっと・・・」と意見が。
そこで私も「時間できちんと始まるとよかったかな」と
しどろもどろに賛同してみました。

ニカラグアでもこんなに楽しい研修をきちんをコーディネートできるんだと思うと
なんだか勇気がわいてきました。

ちなみに今年は学校でも
「puntualidad」(時間を守ること)がポイントになっています。
確かに今年に入ってからちょっと先生たちが来るのは早くなったかな?
という気も。

今後に期待☆

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
研修 azuki nikki/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる