azuki nikki

アクセスカウンタ

zoom RSS 未来形

<<   作成日時 : 2011/02/16 12:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は外務省で身分証明書の発行手続きの後
おいしい中華をいただきました。
ご飯がふっくら炊きあがっていて
チャーハンもとてもおいしかったです。

その後語学の勉強を兼ねて?映画へ。
ディズニーの50周年記念の映画、邦題は「塔の上のラプンツェル」
スペイン語では「Enredados」英語では「Tangled」
どうやら絡まっていそうな感じでした。
ほどよい訳し方はよく分かりませんが。

3Dで見ようと思っていましたが
すでに他の映画になっていたので通常版で。
Disnyのお姫様はいつもちょっと迫力のある顔をしているのですが
今回はちょっとお転婆で可愛らしい感じに仕上がっていました。
いつものようにミュージカル仕立てで、出来映えはさすがDisnyという感じでした。

印象に残ったシーンは以下の通り。
いつものように細かいところはスペイン語がよく聞き取れていませんが
「この夢がかなってしまったらこの先一体どうしたらいいの?」
「また次の大きな夢を見付ければいいんだよ」
というようなやりとりがあった気がします。

ちょうど新しく習い始めたスペイン語の先生に
「なんで未来形があるんだと思う?」
と、ちょっと意味深なことを聞かれたばかりでした。

未来にはすぐ先の未来、ちょっと先の未来、かなり先の未来と
いろんな未来があると思うのですが
すぐに答えることができず
「私の今がすぐ先の未来につながっているから」
ということをもごもご答えました。

一緒に活動している仲間のなかには、
疲弊し切っている目の前の人たちを見て
「今が大変だから未来のことなんか
 とてもじゃないけど考えてられないんだろうね」
という思いを持つ人もいます。

質問されて初めて「未来」というものに対して
漠然とではあるけれど確かに信じている自分を感じました。

これからの1年はあっと言う間に過ぎるだろうけれど
ニカラグアの色々な未来をニカラグア人と一緒に考えられるといいな、と思います。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
未来形 azuki nikki/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる